めりのーと

ポメラニアンのめり(♀2歳1ヶ月)ジャンガリアンハムスターのかとりーぬ(♀1歳5ヶ月)とのぐだぐだ日記。

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … .BLOGTOP » 日記 » TITLE … .

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.

テレビを見て愕然としました。

スマトラ沖地震の時の津波は、所詮海外のニュースだと軽く考えていたんです。

同じ国で起きている津波を見て、鳥肌が立ち、恐ろしさを改めて知りました。

もし、今、住んでいるこの土地で起きたらどうなってしまうだろう。

恥ずかしながら、真剣に考えること、これが私の第一歩なのかもしれません。


旦那さんの会社は全国展開なので、

週末返上で関西でも慌ただしく情報収集に努めていました。

宮古在住の職場の方とはいまだ連絡が取れない。

東京本社の機能も麻痺して、関西で情報収集している状態。

地震の翌日に新潟に飛び、食糧や毛布を持って下道で宮城を目指したのは、

かつて阪神淡路大震災を経験、被災した方々でした。


憤ること、批難すること、それは間違いなく「今」やることじゃない。

ここにいて出来ること。

微力でも、出来ることはたくさんある。

自身の見識で情報を精査する、惑わされないこともまた、大切なことだと思います。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Yahoo!japanとミクシー、国境なき医師団では
既に義援金募集を開始しています。

Yahoo! JAPAN インターネット募金「緊急災害募金」
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

mixi 「東北地方太平洋沖地震」への義援金募集のお知らせ
http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1284

国境なき医師団 寄付ページ
https://www.msf.or.jp/donate_bin/onetime.php


■災害用伝言ダイヤル 171

■携帯の緊急災害用伝言板
ドコモ http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0
ソフトバンク http://dengon.softbank.ne.jp/J
au   http://dengon.ezweb.ne.jp/service.do
ウィルコム http://dengon.willcom-inc.com/dengon/Top.do

■GoogleのPerson Finder(消息情報)2011日本地震
http://japan.person-finder.appspot.com/
情報量が時間と共に増えてきています。
消息情報の提供もこのページから出来ます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

*** COMMENT ***

つらいです

思い切り、虚脱感です。
ニュースを見る度に唖然とするだけで何も出来ない自分が情けないです。
更に、原発の状況を知る度に怒りを感じます。
もっと早く海水注入をしていればこんな事態にはならなかったでしょうに。
この期に及んで企業利益優先とは情けないです。
計画停電も当面の生活直結の経済活動以外は停止させれば解消されるはず。
極論、TV放送だって各テレビ局合同で例えばNHKだけ発信するとか、民法回り番で交代に発信するとかすれば良いことだと思います。
今、政府は原発の抑え込みのことしか頭に無いとしか思えない。

でも、やっぱり

>憤ること、批難すること、それは間違いなく「今」やることじゃない。

ごめんなさい、確かにその通りです。
でも、やはり、許せない。

NO TITLE

ronnyさんは大阪に来たばかりだから
見知らぬ土地でお友達もあんまりいない中で災害に遭うと・・・って
考えたら
不安になりますよね。
私も見知らぬ土地東京へ行くのがすごい不安ですっ(><)

これがきっかけで自身の災害対策とワンコの災害対策が必要ですよね!!
ドッグフードの配給はないだろうから。

自分ができることから始める。
それが避難経路の確認でも、災害時の準備が要るなぁという心の準備でも。
いいんです、それで(^-^)

>P9Hさん

おっしゃる通りの事、感じていましたよ。
特に数日経った今、特に感じます。
テレビを見ても、すでにドキュメンタリー的な構成になっていたりして。
今すぐにでも救助を求めている人や犬たち(どうしても目が行ってしまいます)を前にして
「早く救助が来てほしいですね。がんばってください。」はあまりにも安すぎる言葉じゃないかと。

悲惨な現状を報道するのはもちろん大切なんだけど、
(現に自分はそれを遠い地で見ているので、報道を完全に否定はできないけれど)
避難所にいる人たちの顔をもっと映して欲しい、
そうすればテレビを見て、顔なじみの方の目に触れる機会が増えるから、と
実際に被災した方が話されていました。
ヘリを、車を、国内に発信する映像を、
もっともっと効率的に使うことを考える余地はあるはずです。

原発に関してもそう、あまりに危機感を煽る表現が多くて戸惑います。
現場にいる方々は、最前線できっと不眠不休で頑張っているのに、
トップの対応や社内の情報伝達の有無でこんなにもマイナスになってしまうなんて。

何か事件が起こるたびに感じる報道への不信感、
その在り方もシステムも変わっていくべきだと思います。

>あきさん

そうですね。
今回、本当に他人事じゃないと感じたし、
何もしていなかった自分を恥ずかしく思いました。
慣れない土地で災害にあっても…自分で乗り越えるしかないですもんね。
あきさんも4月からの東京生活、まだ今回の影響が残っているだろうから、
出来る限りの下準備をしておかないといけませんね。

もし今この地で同じことが…と考えると、
間違いなく弱っていく愛犬を見守ることしか出来ないと思ったんですよね。
こんなんじゃいけない。
縁あって我が家に来た、大切な家族なんだから。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。